【激動ヨーロッパ】メルケル独首相、後継禅譲へ「危険な賭け」

産経ニュース / 2019年8月26日 7時4分

ドイツのメルケル首相の有力後継候補である保守系与党、キリスト教民主同盟(CDU)の女性党首、アンネグレート・クランプカレンバウアー氏が試練に直面している。指導力の弱さや失言で国民の支持が低下。巻き返しのため兼務することになった国防相は、不祥事の多い“鬼門”ポストとされる。メルケル氏が描く円滑な禅譲には「危険な賭け」(メディア)となりそうだ。(ベルリン宮下日出男)「ドイツの貢献が国際的なテロとの戦いで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング