【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は10日、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を同日付で解任したとツイッターで発表した。ただ、ボルトン氏は「自らの意思で辞任した」と主張。ボルトン氏は北朝鮮やイランの核問題での強硬路線を提唱しており、トランプ氏が自身の外交方針を一層強力に打ち出し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング