【緯度経度】「英抜き」時代へ動き出すEU 三井美奈

産経ニュース / 2019年9月16日 16時9分

フランスが誇るワイン産地ボルドーは、15世紀まで約300年、英国王の支配下にあった。英貴族の飲み物としてワイン輸出が奨励されたのが、世界的ブランドになる始まり。今も多くの英国人が業界を支える。「うちの出荷先は6割が英国。欧州連合(EU)からの離脱はそりゃ、困りますよ。でも、ここでやっていくしかないからね」。収穫期を迎えたブドウ畑で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング