ルクセンブルク首相「離脱は悪夢」と英首相を痛烈に批判 

産経ニュース / 2019年9月17日 19時29分

【ロンドン=板東和正】英国のジョンソン首相は16日、ルクセンブルクを訪問し、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長および同国のベッテル首相とそれぞれ会談した。ベッテル氏は会談後、混迷が続く英国のEU離脱問題を「悪夢だ」とし、経済への影響が大きい「合意なき離脱」の回避を模索するEUとの交渉で具体案を示さなかったジョンソン氏を非難した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング