【中東見聞録】難民問題で欧州を脅すトルコ シリア「安全地帯」が新たな火種

産経ニュース / 2019年9月19日 7時4分

欧州に流入する難民・移民が再び増加する可能性が出てきた。シリア難民の最大受け入れ国であるトルコのエルドアン大統領が、欧州や米国から十分な支援を得られなければ、「(難民らに)欧州へのルートを開放しなくてはならなくなる」と警告し始めたのだ。こうした発言の裏に、トルコが頭を痛めるシリア北部情勢をめぐって欧州や米国から支援や譲歩を引き出す狙いがあるのは明らかだ。難民問題が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング