サウジ国防省「無人機18機、ミサイル7発で攻撃」

産経ニュース / 2019年9月19日 10時35分

サウジアラビア国防省当局者は18日、首都リヤドで記者会見し、東部アブカイクなどの石油施設に撃ち込まれたとする無人機や巡航ミサイルの残骸などを「証拠」として示し、イランが関与したことは「疑いようがない」などと述べた。カタールの衛星テレビ局アルジャジーラが伝えた。飛翔体が北から南に向かって飛んでいるとする動画も公表し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング