ロシアが戦略演習を開始 弾道ミサイル16基発射 米国牽制か

産経ニュース / 2019年10月16日 10時24分

【モスクワ=小野田雄一】ロシア国防省は15日、定例の戦略兵器運用演習「グロム2019」を露各地で開始した。露メディアが伝えた。17日までの演習期間中には、大陸間弾道ミサイル「ヤルス」や潜水艦発射弾道ミサイル「シネワ」など計16基のミサイル発射も予定されている。露経済紙RBKによると2017年の同演習で発射された弾道ミサイルは4基。18年は不明。米露間の中距離核戦力(INF)全廃条約が失効し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング