米下院、「香港人権民主法案」可決 中国側は反発

産経ニュース / 2019年10月16日 17時49分

【ワシントン=黒瀬悦成、北京=三塚聖平】米下院は15日、香港の民主化勢力の支援に向け中国の習近平体制に圧力をかけることを目的とした超党派の「香港人権民主法案」を可決した。近く上院でも可決される見通しで、トランプ大統領の署名を経て成立する。法案は、香港の高度な自治を保障した「一国二制度」を前提に香港を中国と区別し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング