「逃亡犯条例」のきっかけ…殺人容疑の香港男、台湾で出頭へ

産経ニュース / 2019年10月19日 17時5分

【香港=森浩】香港政府が「逃亡犯条例」改正を提起するきっかけとなった台湾での殺人事件について、林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官は19日、容疑者の香港人の男が台湾警察に出頭する意向を持っていることを明らかにした。現在、男は別の罪により香港で服役中だが、23日に出所する予定。男は2018年2月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング