米海底調査チーム、別の日本空母の船体を発見 「赤城」か「蒼龍」か

産経ニュース / 2019年10月21日 10時54分

【ワシントン=黒瀬悦成】1942年のミッドウェー海戦で北太平洋に沈んだ旧日本海軍の大型空母「加賀」の船体を発見した米調査チームは20日、同海戦で撃沈された別の空母を発見したことを明らかにした。同海戦の指揮を執った故・南雲忠一中将が乗っていた「赤城」か、中型空母「蒼龍(そうりゅう)」とみて、高解像度ソナー画像の分析などを通じて特定を図っている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング