チョ前法相はどうなる? 韓国検察が10容疑で妻の逮捕状を請求

産経ニュース / 2019年10月21日 19時35分

【ソウル=桜井紀雄】韓国のソウル中央地検は21日、名門大への娘の不正入学やファンドの不正投資といった一連の疑惑で、チョ・グク前法相の妻で東洋(トンヤン)大教授のチョン・ギョンシム被告の逮捕状を請求した。地検は、チョン被告を疑惑の核心人物とみており、業務妨害や業務上横領など計10もの容疑を適用した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング