【パリ=三井美奈】フランスのマクロン大統領は7日発売の英誌エコノミストで、「われわれは北大西洋条約機構(NATO)の脳死を経験している」と述べ、欧州独自の安全保障の必要性を訴えた。ドイツのメルケル首相は即座に反論。来月3~4日にロンドンで予定されるNATO首脳会議を前に、独仏のズレがあらわになった。マクロン氏は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング