側近らバイデン氏調査で工作 トランプ氏関与は示せず 外交官2人が公開証言

産経ニュース / 2019年11月14日 22時4分

【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐり、下院情報特別委員会は13日、初の公聴会を開いた。テーラー駐ウクライナ臨時代理大使とケント国務次官補代理(ウクライナ担当)が証言し、トランプ氏の側近らが同氏の政敵であるバイデン前副大統領と息子の問題の調査着手をウクライナ側に働きかける工作活動を展開した状況を示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング