北が終戦宣言を一蹴 米にハードル引き上げ…文氏の構想は瓦解

産経ニュース / 2019年11月15日 16時34分

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の対米交渉の新旧担当者が14日夜に対話再開に向けて米国に秋波を送るかのような談話を発表した。だが、内実は朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言といった米韓側の提案を一蹴する中身で、要求のハードルをかえって高めている。対米実務協議の首席代表を務める金明吉(キム・ミョンギル)巡回大使は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング