【ソウル=名村隆寛】昨年6月の韓国統一地方選の際、南東部の蔚山(ウルサン)市長選に大統領府が介入した疑惑が出ている。大統領府は疑惑を否定しているが、親族の不正疑惑で10月に退任したチョ・グク前法相の関与もちらついている。市長選は、当時市長で保守系のキム・ギヒョン氏と左派の与党系の宋哲鎬氏(ソン・チョルホ)の一騎打ちで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング