韓国苦悩、米中間で板挟み…際立つ平身低頭ぶり

産経ニュース / 2019年12月5日 21時19分

【ソウル=桜井紀雄】韓国を4年ぶりに訪れた中国の王毅国務委員兼外相は、露骨に米国の「一国主義」を批判し、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に同調を求めた。米国が日米韓の安全保障協力の象徴とみる日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄騒動などで米韓の不協和音が顕在化したタイミングで文政権の取り込みに動いた形だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング