トランプ氏、金正恩氏に「敵対的行動取れば多くを失う」と警告

産経ニュース / 2019年12月9日 11時10分

【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権は、北朝鮮が国内のミサイル発射場で「重大実験」を実施したり、同国高官が非核化協議の打ち切りを示唆したりしている問題で、当面は非核化に向けた対話路線を堅持しつつ、北朝鮮の出方を冷静に見守る考えだ。米政権としては、非核化協議が決裂した場合は、軍事的選択肢も視野に入れた「最大限の圧力」路線への回帰を図るものとみられる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング