フィリピン南部の戒厳令を解除へ 大統領府、今月末で

産経ニュース / 2019年12月11日 7時19分

【シンガポール=森浩】フィリピン大統領府は10日、武装勢力との衝突によって南部ミンダナオ島などに出されている戒厳令について、ドゥテルテ大統領が延長しないことを決めたと明らかにした。有効期限の今月末に解除される。戒厳令は2017年5月、ミンダナオ島マラウィで政府軍とイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う「マウテ・グループ」などが衝突したことで布告され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング