川崎市のヘイト禁止条例成立、初の刑事罰規定

産経ニュース / 2019年12月12日 18時4分

ヘイトスピーチ(憎悪表現)対策として全国初の刑事罰を盛り込んだ差別禁止条例案が12日、川崎市議会で可決、成立した。罰則につながらない一部の規制を12月と来年4月に先行し、周知期間を経て来年7月から全面施行となる。条例は、道路や公園といった公共の場で、拡声器を使ったり、ビラを配ったりして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング