【パリ=三井美奈】英独仏の3カ国は14日の共同声明で、対イラン国連制裁の再開に道を開く「紛争解決手続き」を発動したと発表した。米、イランが対立を深める中、イランに合意復帰への圧力をかけ、外交による緊張解決を促した。声明は、トランプ米政権が核合意を離脱し、対イラン制裁を単独で復活した後も「我々はイランの貿易を支援するよう努めてきた」と強調。対イラン強硬策をとる米国と距離を置く一方、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング