「一帯一路」推進で合意 習氏、ミャンマー訪問 ロヒンギャ問題で政府支持表明

産経ニュース / 2020年1月18日 20時24分

【シンガポール=森浩】ミャンマーを訪問中の中国の習近平国家主席は18日、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相ら政府首脳と会談した。会談後の共同声明で、巨大経済圏構想「一帯一路」を通じた協力体制の強化を宣言。イスラム教徒少数民族ロヒンギャをめぐる問題では、中国がミャンマー政府を支持する姿勢を改めて示すなど親密な関係をアピールした。習氏はスー・チー氏との会談で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング