中国・武漢の新型肺炎、「1700人超の可能性」の試算も 発症者は62人に拡大

産経ニュース / 2020年1月19日 18時34分

【北京=三塚聖平】中国中部の湖北省武漢市当局は19日、新型コロナウイルスによる肺炎の発症者を新たに17人確認したと発表した。これにより発症者は計62人に拡大した。中国メディアによると、武漢市の病院幹部は発症者の報告がさらに増える可能性を示唆。香港紙によると、英専門機関が、武漢市内の新型肺炎の感染者が1723人に上るとの試算を発表した。武漢市当局の発表によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング