中国、とまらぬ新型肺炎拡大に危機感 情報公開に疑問 国際圧力も

産経ニュース / 2020年1月21日 18時44分

【北京=三塚聖平】新型コロナウイルスによる肺炎の発症者が一気に拡大する事態を受け、中国は習近平国家主席が感染拡大阻止へ前面に出るなど危機感を強めた。春節(旧正月)の大型連休を前に「人から人への感染」が認められ、初動をめぐっては特に情報公開の遅れも指摘されている。世界保健機関(WHO)が緊急委員会の開催を決め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング