【特派員発】台湾・高雄 台湾の分断映す、親中派市長リコール 矢板明夫

産経ニュース / 2020年4月3日 9時15分

台湾南部の高雄市で、市長の韓国瑜(かん・こくゆ)氏(62)に対するリコール(解職請求)運動が盛り上がっている。韓氏は今年1月の総統選に、野党、中国国民党の公認候補として出馬し、現職の蔡英文総統(63)に大敗した人物だ。運動を推進する高雄市の有権者は、韓氏のリコール理由として「市民との約束を守っていない」ことなどに加え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング