欧米「マスク争奪バトル」突入 不要論一転…需要急増

産経ニュース / 2020年4月5日 16時29分

【パリ=三井美奈】新型コロナウイルス感染が広がる米欧が、マスクの「争奪戦」を展開している。予防策としての「マスク不要論」の見直しが相次いだことで、獲得競争に拍車がかかった。ドイツの首都ベルリン市は3日、市警察用に発注した20万枚のマスクが、タイ・バンコクの空港で奪われたと発表した。市当局は米国の関与を主張し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング