韓国総選挙 ソウルで前・元首相が激突 大統領選の「前哨戦」

産経ニュース / 2020年4月6日 18時59分

【ソウル=名村隆寛】今月15日投開票の韓国総選挙で最も注目されているのがソウル中心部、鍾路(チョンノ)区の選挙区だ。同選挙区では左派系与党「共に民主党」で「新型コロナウイルス国難克服委員長」を務める李洛淵(イ・ナギョン)氏と、保守系最大野党「未来統合党」の党首、黄教安(ファン・ギョアン)氏が出馬している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング