死者10万人超の米国、実際はもっと多い? 「超過死亡」に注目

産経ニュース / 2020年5月29日 14時49分

【ニューヨーク=上塚真由】新型コロナウイルスによる米国の死者は累計で10万人を超えたが、実際の数は報告よりも多い可能性が指摘されている。実態の推定は困難とされるが、近年の水準と比べると、今年は新型コロナと報告されたケースを除いても、死者数が大幅に増加している。米ジョンズ・ホプキンズ大の28日午後の集計によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング