【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権は、中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会が30日に「香港国家安全維持法」を可決したことを受け、香港の高度な自治や言論の自由を保障する「一国二制度」を根本的に脅かす行為だとして、各種の対抗措置で中国に対する圧力を一層強めていく方針だ。ポンペオ米国務長官は同法可決に先立つ6月29日、中国による香港へ国家安全法制を導入する動きを受け、米国が香港に認めてきた軍民両用の技術に関する輸出を中国本土と同様に制限すると発表。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング