「マスク着けて」と注意されて乗客逆上 運転手が暴行受け脳死 仏当局が捜査

産経ニュース / 2020年7月8日 10時15分

【パリ=三井美奈】フランス南西部バイヨンヌで、路線バスの運転手(59)が新型コロナウイルス感染対策で「マスクを着けて」と乗客に注意したところ、暴行を受けて脳死状態になる事件があった。捜査当局は7日、容疑者4人を身柄拘束したと発表した。捜査当局によると、事件が起きたのは5日。運転手が停留所で乗ってきた客と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング