習指導部批判の教授釈放 拘束は“警告”か 危機感深める北京の知識人 

産経ニュース / 2020年7月13日 20時19分

【北京=西見由章】今月6日に中国当局が拘束していた清華大法学部の許章潤(きょ・しょうじゅん)教授が12日釈放され、北京の自宅に戻ったことが分かった。関係者が明らかにした。許氏は習近平国家主席への個人崇拝や言論統制強化に反対し、習指導部の強権政治を批判する急先鋒(せんぽう)に立ってきた知識人で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング