60年前の謎“ディアトロフ峠事件” 「雪崩が原因」で結論 ロシア検察当局 

産経ニュース / 2020年7月13日 22時14分

【モスクワ=小野田雄一】1959年2月にウラル山脈で雪山登山をしていた旧ソ連の大学生の男女9人らが不可解な状況で死亡した「ディアトロフ峠事件」で、事件を再調査していたロシア検察当局は13日までに、「被害者らは雪崩で死亡した」とする結論を発表した。イタル・タス通信が伝えた。同事件は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング