パブで集団感染 豪州で第2波の懸念高まる

産経ニュース / 2020年7月14日 18時29分

【シンガポール=森浩】南半球に位置し、冬を迎えたオーストラリアで新型コロナウイルスの第2波への懸念が高まっている。パブでクラスター(感染者集団)が発生するなどし、14日には感染者が累計で1万人を越えた。日本政府は豪州と出入国制限の緩和に向けた調整を進めているが、感染拡大が続けば計画に変更が出る可能性もある。豪州の感染者数は3月中旬から増加し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング