トランプ政権、中国に“厳然”鮮明 大統領選前に「負の遺産」清算図る

産経ニュース / 2020年7月15日 15時4分

【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は14日、香港で施行された「香港国家安全維持法」(国安法)に対抗して香港自治法を成立させたほか、香港への優遇措置を撤廃する大統領令を出し、中国に厳然と対処していく姿勢を一層鮮明にした。トランプ政権は13日、中国による南シナ海での主権主張を歴代政権として初めて明確に否定するなど、今年11月の大統領選もにらんで、オバマ前政権などから引き継いだ対中政策の「負の遺産」の清算を図っていく考えだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング