【広島土砂災害3年】子供たちの笑顔守る 息子2人犠牲の母

産経ニュース / 2017年8月17日 22時27分

平成26年8月に広島市を襲った豪雨で77人が犠牲となった土砂災害は20日、発生から丸3年となる。2人の息子を亡くした主婦、平野朋美(ともみ)さん(40)は昨年秋、被災した場所で再建した自宅に戻った。新たに娘も誕生。悲しみが癒えることはないが、「もう二度と子供たちを悲しい思いにさせない。笑顔を守る」と前を向いて歩き始めた。あの日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング