女子トイレの隙間にスマホ 盗撮男を書類送検、和歌山県警 迷惑防止条例改正後初の摘発

産経ニュース / 2017年8月19日 8時12分

盗撮目的でスマートフォンを差し向けたとして、和歌山県警和歌山北署は18日、県迷惑防止条例(卑わいな行為の禁止)で和歌山市内の販売員の男(32)を書類送検した。送検容疑は、7月21日午後1時55分ごろ、同市加太の公衆便所の女子トイレに侵入し、盗撮目的で、個室トイレの壁の隙間に動画撮影機能のついたスマホを差し向けたとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング