「お試しのはずが定期購入契約に」 65歳以上の健康食品トラブル増加

産経ニュース / 2017年8月22日 13時17分

平成28年度中に京都府消費生活相談窓口に寄せられた相談件数は5630件で、うち65歳以上の高齢者が3割を占めていたことが21日、府のまとめでわかった。特に「健康食品」に関し、無料お試しのはずが定期購入になっていたなどの相談が増加しているほか、依然と医療費の還付金などの詐欺的手口が多いという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング