慰安婦像「寄贈受ければ姉妹都市解消」、大阪市長 米SF市に対し

産経ニュース / 2017年9月25日 20時57分

大阪市の吉村洋文市長は25日、姉妹都市の米サンフランシスコ市の公園で中国系民間団体が慰安婦像や碑文を設置したことに関し、「サ市が団体から慰安婦像の寄贈を受け入れることになれば、姉妹都市の関係を解消する」と述べた。市役所で報道陣の質問に答えた。サ市での慰安婦像の設置をめぐっては、韓国系団体なども協力する形で市内の公園の展示スペースに今月22日に設置された。像はいわゆる「少女像」とは違い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング