【衝撃事件の核心】「のぞき見できるものなら…」他人の人事情報に禁断の不正アクセス 職員連続立件の背景に甘いセキュリティー

産経ニュース / 2017年9月26日 11時2分

「人事情報が気になって…」。別の職員になりすまし、市役所の内部ネットワークにアクセスしたとして、大阪府富田林市の職員2人が8〜9月、不正アクセス禁止法違反の疑いで、大阪府警サイバー犯罪対策課に相次いで摘発された。他部署の職員のIDとパスワードを入手した2人は、限られた職員しかアクセスできない他人や自分の人事評価といった内部情報を過去数年にわたって〝のぞき見〟していた。もちろん許されるはずのない「禁断の行為」だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング