【衆院選】落選の希望・馬淵澄夫元国交相「18年の歩みに一区切りついた」

産経ニュース / 2017年10月23日 2時37分

奈良1区では元国土交通相の希望前職、馬淵澄夫氏(57)が、自民元職の小林茂樹氏(53)に破れ、平成15年以来守り続けてきた議席を失った。敗戦が決まった23日午前1時半ごろ、馬淵氏は奈良市の選挙事務所で「18年間の私の歩みのステージにひとつの区切りが付いた。これまで支えていただいた方の期待に応えられなかったことにおわび申し上げる」と沈痛な表情で語り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング