岸和田市長、改めて辞職を否定 市議からは「百条委設置」要望も

産経ニュース / 2017年12月16日 8時42分

15日に開会した岸和田市議会で、平成25年11月の市長選をめぐり、自民党の推薦を得るため、自民関係者に200万円を提供した信貴(しぎ)芳則市長(56)は、「選挙で約束した公約を実行していく」と辞職の意思がないことを改めて示した。所信表明に続いて行われた一般質問では、市議から「市民に対して多く疑念を生んだ事実から、一度辞職し、改めて市民に真意を問うべきだ」などの意見が出された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング