堺市立総合医療センター(同市西区)は14日、同市内の70代女性に対する胃がんの検査結果を見落とし、治療開始が約7カ月遅れるミスがあったと発表した。女性はその後死亡したが、センターは「女性が検査を受けた時点で病状は進んでいた」としている。センターによると、女性は平成28年2月に胃痛を訴えて検査を受けたところ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング