タイヤ製造大手、住友ゴム工業(神戸市)の元従業員7人が、アスベスト(石綿)や石綿を含む「タルク」が原因で肺がんや中皮腫を発症したり死亡したりしたとして、遺族らが同社に計約1億3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、神戸地裁であった。本多久美子裁判長(黒田豊裁判長代読)は7人のうち5人の因果関係を認め、同社に約5900万円の支払いを命じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング