「自信喪失」で欠勤・失踪…3等陸佐を停職2日 陸自中部方面隊

産経ニュース / 2018年3月14日 7時37分

陸上自衛隊中部方面総監部(伊丹市)は13日、正当な理由なく欠勤したとして、総監部に所属する40代の男性3等陸佐を停職2日の懲戒処分にしたと発表した。総監部によると、3佐は昨年11月6日、出勤時間になっても職場に現れず、失踪したことが判明。捜索中の職員が翌7日夜、県内の路上を歩いている3佐を見つけたという。3佐は総監部の調査に対し「業務に対する自信の喪失があった」と話しているという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング