ボンネットに知人乗せ2キロ走行、26歳男に実刑判決 最高時速56キロ、「落下したら死亡の可能性」神戸地裁 

産経ニュース / 2018年3月20日 7時47分

三田市で昨年9月、知人男性を車のボンネットに乗せたまま約2キロ走行したとして、殺人未遂の罪に問われた篠山市東吹のとび職、石橋和樹被告(26)の裁判員裁判の判決公判が19日、神戸地裁で開かれ、芦高源裁判長は懲役3年(求刑懲役6年)を言い渡した。芦高裁判長は判決理由で、石橋被告が知人を車のボンネットに乗せたまま、最高時速56キロで約2キロにわたって走行したと指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング