ボクシング元3階級王者の父3・5億円申告漏れ 興行収入の大半申告せず 2億円所得隠しか 大阪国税局 

産経ニュース / 2018年4月26日 3時2分

ボクシングの元世界3階級王者で、昨年引退した井岡一翔(かずと)元選手(29)の父親で、「井岡ボクシングジム」(大阪市)の井岡一(かず)法(のり)会長(50)が大阪国税局の税務調査を受け、平成27年までの約4年間で約3億5千万円の申告漏れを指摘されていたことが25日、関係者への取材で分かった。世界戦などで得た興行収入の多くを申告しておらず、うち約2億円が悪質な所得隠しと認定されたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング