乳幼児揺さぶられ症候群の〝根拠〟は本当か 「虐待」判断、司法で二分  

産経ニュース / 2018年5月17日 6時37分

児童虐待の特徴的な症状とされる「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」を疑問視する声があがり、議論が持ち上がっている。大阪の弁護士や大学教授が、SBSと虐待を直結させる理論の検証プロジェクトを立ち上げ、刑事事件の公判では「日常の事故でも重い頭部外傷は生じる」と全面的に無罪を主張。“通説”に疑問を投げかけている。最近の公判では虐待を認めずに無罪としたケースもあり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング