平城京の道路遺構、なぜ廃絶…深まる謎 十条整備後か資材置き場か

産経ニュース / 2018年6月9日 7時32分

奈良県大和郡山市の平城京南方遺跡・右京域で見つかった道路遺構。「当初は『十条』として整備するため施工したが、計画が変更された」「京域には含まれず、都の造営に利用された資材置き場では」-。平城京跡と同規格の遺構をめぐって、研究者の見解は分かれている。平城京の南側とされていた九条大路よりさらに南に位置する左京域で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング