奈良県斑鳩町教育委員会は13日、平成27~29年度の3年間にわたり、一部世帯から町立幼稚園の保育料計約1250万円を過剰に徴収していたと発表した。町教委は保護者におわびの文書を発送するとともに、過徴収した保育料を返還するとしている。27年度に施行された子ども・子育て支援法では、市町村民税の非課税世帯や子供が2人以上いる世帯を対象に保育料の減免措置を講じているが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング