山陽新幹線人身事故、一夜明かした乗客らぐったり、そのまま仕事へ…JR新大阪駅

産経ニュース / 2018年6月15日 14時37分

福岡県内の山陽新幹線の事故で博多-広島間での運転が取りやめになった影響を受け、JR新大阪駅では15日朝、博多駅で車中泊した人や始発での帰阪を余儀なくされたサラリーマンらが一様に疲れ切った表情をみせた。「予想外の出来事で疲れ果てました」。福岡からの出張帰りという大阪府豊中市の会社員、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング