大阪北部地震で悪質商法、府警が注意呼びかけ

産経ニュース / 2018年6月22日 20時52分

大阪府警は22日、大阪北部地震で止まったガスの修理をめぐり、ガス栓の復帰ボタンを押しただけなのに、高額な料金を請求される被害があったと明らかにした。地震発生後、悪質便乗商法の発覚は初めて。府警生活経済課によると、地震が発生した18日午前、大阪市内の60代男性が停止したガス機器の修理を業者に依頼。業者は数人で男性宅を訪れ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング